博多久松おせち
2018年のお正月も美味しいおせちで縁起良く始めたいですね。

毎年圧倒的大人気の博多久松のおせちについてお伝えします。
予約はいつまで?
キャンセル返品はいつまで?
配送日は?
冷凍おせちはどうやって食べるの?
おためしもある?
今年はどのおせちにする?
などなど気になる所をお伝えします。
カタログを取り寄せましたので、カタログもご紹介しますね。
参考にしていただけたら幸いです。

スポンサーリンク

2018年博多久松のおせちは予約はいつまで?

通販大手楽天市場で、なんとおせち部門で11年連続1位(大賞)を受賞している博多久松!

2018年のお正月の博多久松のおせちはいつまでに予約すればよいのでしょうか?
こちらは、メーカーでは

ご予約は 12月末までとなっております。
ただし、 製造予定個数に達した時点で販売を終了いたします。

万が一、早期の販売終了になった際は、誠に申し訳ございませんがご了承ください。博多久松

予約:12月末まで
重要製造予定戸数に達した時点で販売終了

予約はもう受け付けています。
とても人気なので、12月のギリギリにはらはらしながら予約するよりも、早めに予約してしまった方が安心です。

年末は本当に何かと忙しくて、周りもバタバタ、町でもバタバタ・イソイソしていてその雰囲気に流されがちです。

年末大掃除などもあり、例えバタバタしてしまったとしても、おせちはもう準備万端!となれば心の余裕につながりますね。

本日2017年の10月17日現在でのおせちランキングで堂々1位なのがこちら。
他のメーカーを大きく引き離してランクイン。
やっぱり今年もめちゃめちゃ売れていますね。

CHECK!>>

博多久松のおせちのキャンセルはいつまで?

この博多久松のおせちのすごい所は、キャンセルができること。

この業界で初めてキャンセルサービスを始めたそう。

おせちとお客さんに真剣に向き合っているからこそで、好感が持てます。

おせちキャンセルはいつまでOKでしょうか?

2017年12月15日の16:59までキャンセルOKです。

キャンセルは、メール・電話・ファックスともにOKです。

キャンセルの仕方、キャンセルの連絡先はこちら
https://www.rakuten.ne.jp/gold/hisamatsu/osechi/cancel.html

受注番号とともに名前・住所・電話番号・注文日を伝えます。

博多久松のおせちの配送日はいつ?日時指定できるの?

配送日は日時指定しないと12月の30日の届けになるそう。
博多久松のおせちは、日時指定できるのでしょうか?
可能です。
配送日は、宅急便のクール便で、

  • 12月28日木曜日
  • 12月29日金曜日
  • 12月30日土曜日
  • 12月31日日曜日
が選べます。

  • 9時~12時
  • 14~16時
  • 16~18時
  • 18~20時
で選べます。

博多久松の冷凍おせちはどうやって食べるの?

博多久松の冷凍おせちはどうやって解凍して食べるのでしょうか?

このおせちは、すでに盛り付け済みなんです。

なのでお重も用意しなくて良いですし、盛り付けの必要もありません。

大みそかまで例えば仕事で、スーパーで大みそかに出来合いのおせちを買ってきても切ったり盛り付けたりなんだりで実は時間がすごくかかります。

紅白始まっちゃうよーとか、遠方に初詣に出かけるなんて言ったらもうバタバタです。

解凍は、冷蔵庫でゆっくり解凍するのがドリップもでなくてオススメだそう。

冷蔵庫で18時間~24時間で解凍されます。

もし急いでいる場合は、常温でも解凍可能で、その場合には5時間~24時間だそう。
(おせちの大きさによります。)

博多久松のおせちのお試しってあるの?

各ご家庭1個ですが、ワンコインでお試しがあります。
すごいですよね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

2018年おせち おためしおせち
価格:500円(税込、送料別) (2017/10/17時点)

博多久松のカタログってあるの?

そして私も注文したんですが、無料でカタログがもらえます。

注文して2~3日で届きました。

私もそうなのですが、ご年配の方などは、パソコンで見るよりも大きい紙でも見る方がイメージが掴めやすいということがあります。

広げるととっても大きくて、見ていたら今すぐ食べたくなっちゃいました。

最後に博多久松のいただいたカタログを参考までにお見せしますね。
表紙です

裏表紙です

広げるとこんな感じ

カタログの大きさが分かるように豆乳の紙パックを横に置きました。

どれにしようか迷ってしまいます!

さいごに

博多久松のおせちについての記事はいかがでしたか?
今年は、早めに準備を終わらせ、余裕をもって新年を迎えたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事