【スープカレーレトルト夫婦(男女)レビュー!】

風邪にカレーが良いって言いますよね?

私たちも実感しています。

でもどんな症状でも効くのでしょうか?

・・・よくないんでしょうか?

どんなカレーが良いんでしょうか?

2人して風邪引いちゃったので

せっかくなので更なる実験をしてみます!

いえ、手抜きでは決してありませんよ。

実験です。

・・・・・・。

・・・・・・。

嘘です。

手抜きさせていただきました。

体調悪すぎて、食事の準備ができません。

そんな時、お湯ポチャして温めるだけのレトルトカレーやレトルトスープカレーは本当に救世主。

通販で大量購入しておいて良かったです。

今日も救っていただきます。

普段 365日欠かさず食べてしまうくらいレトルトスープカレーにハマっている夫婦のレビューです。

レトルトスープカレーは手軽で、ダイエット・健康・炭水化物減らし・ロカボ 筋トレ飯に合うから。

それでは実験スタート〜!

スポンサーリンク

風邪にスープカレーって効くの?実験に使用する商品紹介

ハウススープカリーの匠 北海道産チキンの濃厚スープカレー

今回実験に使用するのはこちら

我が家で何度も風邪の時、体調不良の時助けてもらっているこの商品。

我が家のお墨付きです。

ですが、

今回は2人の風邪症状がだいぶ違ったので更なる実験です!

夫っクマ
風邪引きました。
微熱、頭痛があり、だるいです。
背骨や体の節々が痛いです。

妻です
風邪引きました・・
その前に生理痛で薬を飲み過ぎ、胃腸もMaxやられてます。
吐き気・頭痛・めまい・背骨や節々が痛いです。

風邪にスープカレーってよくない?効く?今回の結果

2人分ドーン!良い香りがします!
風邪にカレー レトルトスープカレーの画像

具沢山で栄養たっぷり♪

今回の結果

カレーまではちょっと重いかなって感じたのでスープカレーをチョイス!

スープカレー食べたいなと感じていたのは、体がスープカレーのスパイスを欲していたからかもしれません。

いつもは白飯置き換えで ささみやサバを付け合わせにしています。

今回はスープカレー単品で。

単品で食べても辛すぎず、塩辛すぎず、美味しくいただけました。

 スープカレー食べたいなと感じる風邪の引き始めに食べたら体が喜んで元気が出てきた気がする

このスープカレーは、具沢山で、スパイスの辛さも他よりもマイルド!

普段平常時このスープカレーが好きで合う方には風邪の引き始めにスープカレーおすすめです!

→香りに食欲をそそられるものの、数口で断念。

 胃腸をMax壊した時にはカレーは刺激が強いから遠慮した方が良さそう

妻の体調は、風邪引きの前に薬の飲みすぎで胃腸を壊していて何も食べたくないな〜という感じでした。

カレーは重いけどスープカレーなら飲み物だし(?!)とトライ。

何も食べたくない、胃腸が弱り過ぎている時はおすすめできないなと感じました。

胃腸が弱ってる時はスープカレーは飲み物ではなかったです。

今回のスープカレーは、濃厚スープカレーという名前だけあって栄養がたっぷり詰まったトロッとした感じがあります。

風邪にスープカレー体調によるおすすめ度

ちょっと疲れたな〜、風邪引きそう、ガッツリ食べて元気出したいなという時や風邪の治りかけ

→いつも大好きなカレーを是非!

風邪引いちゃったかも、重いカレーよりスープカレー食べたい時

→栄養たっぷり、スパイスたっぷりのスープカレーを是非!

喉が痛い・胃腸がやられてしまっている

カレーやスープカレーはお預けで。

おすすめできません。

喉を痛めている時はスパイスの辛さが刺激になってしまいます。

水を飲むのも痛いくらい喉が痛かったら、カレーやスープカレーは悶絶です。

当たり前ですが。

胃腸を弱らせている時も、カレーの刺激が強すぎる可能性があります。

さいごに

いかががでしたでしょうか?

カレーは、ご自身の体調と症状で食べる食べないと、食べる種類をチョイスしてみてくださいね♪

夫っクマさんはスープカレー食べた後なんだか顔色良くなった感じでした
(o^^o)

3倍レスポンスの早い筋トレ中読者大佐っクマさん
カレーガッツリ食べて元気出したいな

ダイエットに敏感な読者っクマさん
妻さん大丈夫?
私も胃腸が弱り過ぎてる時にはカレー控えるねっ

ありがとうございます。

胃腸、気をつけます!

妻です

人生下道夫婦旅

〜止まったり流れたり渋滞したり〜

スープカレー開拓旅はまだまだ続きます~。
次はどんなスープカレーかな?
楽しみです。

〜イイものいっぱい!プレゼンツ 夫っクマさんとコラボ企画〜『ダイエット・筋トレに良いもの夫婦レビュー!』次回もお楽しみに♪

この記事を読んだ方はこんな記事を読んでます

CHECK!>>
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事